企業はクラウドを導入してデータ保守などのリスク管理をした方がいいでしょう|クラウドで危機管理
How Cloud Computing Can Work for Communities in Michigan and Beyond
How Cloud Computing Can Work for Communities in Michigan and Beyond / Michigan Municipal League (MML)


今はクラウドの時代といってもいいでしょう。企業はこのクラウドシステムを導入していくことが求められてくるとおもいます。これは企業にとってもいいことが多いとかんがえられます。多い利用法としては、クラウド上にデータを保存するようにしてしまうということではないかと思います。これに関しては賛否の両論があるのですが、これからはクラウド上にデータを保存する企業が増えると思います。

なぜかといいますと、データへのアクセスが誰でもいつでもできるようになるため、非常に便利になるからです。仕事などに使うデータも簡単に見ることができて、スピードアップにもつながるでしょう。これに反対する理由としては、だれもが見れるため、秘密の保持ができないということをいわれます。情報漏洩のおそれもあるというわけです。ですが、これもいろんな対策がうてます。データを読む前にアクセスする場合にパスワードなどを使うとか、データ自体も暗号化しておくなど、いろんなことができます。

そしてデータの情報漏洩のリスク管理については、クラウドの運営会社の方が一般企業よりもそのての対策はしっかりしています。なにしろクラウドの運営会社は情報をあつかうプロの集団ですから、一般企業のできるデータ管理とは比較にならないぐらいの厳重な管理をしているはずです。そこがクラウド会社の生命線ともいえるものですから。ですから、クラウド上でデータを管理していくほうがいいとおもうのです。

◆クラウドで危機管理オススメページ一覧◆